2008年06月26日

ドイツ全国の動物園の評価

動物園は知識、緊張緩和、落ち着いた雰囲気を提供し、
家族で出かける所として 人気がある。
Stern誌のこの評価によると、ベルリンの二つの動物園は
1位と2位に入った。
3位はWuppertal動物園。
ハンブルク、ミュンヘン、ニュルンベルクの動物園も top10に入った。

小さい動物園の部門では Goerlitzゲルリツ自然保護
動物公園と Eberswalde動物園が いい評価を得た。

最悪の評価を受けたのは ザールランドの二つの動物園と
ニーダーザクセンのWingst動物園。

3人の評価者が10週間にわたり ドイツの50の動物園
を調査した。評価者は Stern誌の編集長、
生物学/動物園の歴史の研究者、専門ジャーナリストの3人。
学問的監修は ウィーンのSchoenbrunn動物園長 
Helmut Pechlaner.

包括的な質問表により、檻/囲い ごとに チェックした。
項目は 泥の中でころがれるか、砂浴びできるか、
木陰で横になれるか、泳げるか、飛べるか、等。
見物者の観点からの評価もある。
「動物監獄」のような動物園は ドイツには 
もう ほとんど無い。
下記サイトから:
http://www.heute.de/ZDFheute/inhalt/8/0,3672,7258696,00.html

  


Posted by jtw at 11:40Comments(0)