2008年06月06日

イレーネ・ゼンドラー死去.ワルシャワ・ゲットーの救い手

2008年5月11日 98歳でポーランドの反ナチ運動家Irene Sendler
は亡くなった。ワルシャワのゲットーから2500人のユダヤの
子どもを逃した。

彼女はオスカー シンドラーと比べられた。
1942-43年にユダヤの子どもに書類を持たせ、
ゲットーから連れ出した。
1910年にワルシャワで医師の娘として生まれた。
ポーランド占領の後 1940年のゲットー設立を経験した。
看護婦として薬と食物をゲットーに密かに持ち込んだ。
彼女が救急隊員の身分証明書を持っていたことが 
ユダヤ人を逃すのに役に立った。

殺戮収容所へのユダヤ人の運搬が 始まった時 
彼女は子どもだけでも 死から救おうと決めた。
地下組織「ユダヤ人支援のための評議会」(Zegota)
のために彼女は 子どもを逃す活動を組織した。
子どもをコートの下に隠したり、袋や気の箱に入れたり
して、地下室や下水道を通って ゲットーから運び出した。
子どもに睡眠剤を飲ませて 運び出すことも まれでは 
なかった。
偽造した書類を持たされて 子どもはポーランドの家庭に
預けられた。修道院や孤児院にも かくまわれた。

彼女は1943年10月にドイツ人に逮捕された。しかし
ゲシュタポの拷問にもかかわらず、何も白状せず、
子どもの名前も言わなかった。
死刑の判決が言い渡されたが、Zegotaが ナチ親衛隊
に賄賂を贈り 彼女は処刑の直前に逃亡できた。
彼女はすぐに活動を再開した。

救出した子のリストは瓶に入れ、木の下に埋めた。
リストには名前と通称が 書かれていたので、戦後に
子どもが誰であるかを知ることができた。

1965年にポーランドは彼女を「民族を超えた義人」とした。
しかし 共産主義者はイレーネと馴染めなかったから 
彼女は故国では 言及されない ままであった。
やっと90歳を超えてから ポーランドとドイツで 顕彰された。
彼女は控えめでありつづけた。「もっと多くの人を救えた
のにと言う 良心の呵責を今も 感じる。死ぬまで 
罪悪感をもっているだろう」と言っていた。 

下記サイトから:
http://einestages.spiegel.de/external/ShowTopicAlbumBackground/Sl_onRateAlbumAnonymous/Sc_albumRating/S1958/5.html  


Posted by jtw at 11:54Comments(0)