2008年03月09日

大気汚染inメキシコ市/毎年4千人が空気のため死亡

人口2200万人の超大都市メキシコ市で ICCT
(国際清浄交通協議会)によると、毎年4千人が 
大気汚染のために死んでいる。
4百万台の車、10万台のタクシー、28000台のバス、
数万台のトラックが渋滞を引き起こす。
人口密度の高さでも 世界で有数である。
ICCTは 有害物質の少ない燃料の使用を要請している。
近距離公共輸送に 硫黄の少ない燃料を使えば 
大気汚染を95% 減らせる。
大都市では 特にディーゼルの煤の粒子が大問題である。
この粒子は肺や心臓に到達し、喘息や気管支炎を引き起こす。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/930530.html?070320081217
スモッグに霞む鐘楼の写真付き
  


Posted by jtw at 18:55Comments(0)