2007年05月11日

飛行の名人 コウモリは 鳥よりも 器用に飛ぶ

コウモリの翼の曲線は 上へ飛ぶ時も 下へ飛ぶ時も 
浮揚力を 維持できるように なっている。
ミュンヘン大学の 神経生物学者と 生態学者が 
コウモリを 風洞にいれて このことを 観察した。
鳥よりも 柔らかい翼の お陰で コウモリは 鳥よりも 
敏捷に飛ぶ。
鳥の 飛行技術は 高速に 向いていて、コウモリは 
低速飛行に 向いている。
花の蜜を吸う コウモリは ハチドリの ように 空中に
停止して いることが できる。
虫を 食べる コウモリは 機敏な動きが できる。
高解像カメラで 風洞内の 微粒子の水の渦を撮影し、
その流れから 翼のどんな動きが 浮揚力を 生み出すかを
 計算した。
この空気力学の 知見は 無人偵察機の 開発に 利用される。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/,ra10m3/wissen/artikel/757/113644/
  


Posted by jtw at 20:49Comments(0)